当日はメッセージの他に以下の文章も読み上げます

三宮のみなさんこんにちは。

 

ゲイのみなさん、

レズビアンのみなさん、

バイセクシュアルのみなさん、

パンセクシュアルのみなさん、

トランスジェンダーのみなさん、

Aセクシュアルのみなさん、

ノンセクシュアルのみなさん

ポリアモリーのみなさん、

DSDのみなさん、

シスジェンダーのみなさん、

セクシュアルマイノリティのみなさん、

それ以外のみなさん、

そうでない人も含めて、

みなさんこんにちは。

 

5月17日が何の日か知っていますか?

5月17日は、「多様な性にYESの日」です。日本記念日協会によって2014年に認定された記念日です。「国際反ホモフォビア&反トランスフォビアの日(international day against homophobia and transphobia)」の頭文字をとった略称で、毎年5月17日に世界100カ国以上でイベントやアクションが行われています。

 

今日は神戸で「多様な性にYESの日」の路上アクションを行っています。

 

「多様な性」って何か知っていますか?

 

 

セクシュアルマイノリティの活動では、レインボーがよく登場します。それは性のあり方は虹のように十人十色だということを表しているからです。今日はさまざまなフラッグを持ってきました。

 

「多様な性」って何でしょうか?いっしょに考えてみてください。

 

異性を好きなんが当たり前?

性別って男と女だけなん?

だれかを好きになるんがふつう?

一人しか好きになったらあかん?

 

実は性別は一人一人ちがうんです。

 

恋愛をする人、しない人。

異性を好きになる人。

同性を好きになる人。

性別関係なく好きになる人。

一人だけ好きになる人。

複数の人を好きになる人。

生まれた時の性別とは異なる性別で生きたい人、生きる人。

自分を男でも女でもないと思う人。

自分の性のあり方がわからない人、決めたくない人。

 

性のあり方が少数派の人たちのことを「セクシュアルマイノリティ」と言います。

実は人口の7.6%が「セクシュアルマイノリティ」という調査結果もあります。

 

私たちはすでに、一緒に生きています。

 

ぼくはゲイだって言っていないだけで、すでにあなたの息子です。

私はレズビアンだって言っていないだけで、すでにあなたの同僚です。

あなたにバイセクシュアルだって言っていないだけで、すでにあなたの恋人です。

自分はトランスジェンダーだって言っていないだけで、すでにあなたの友達です。

 

私たちはすでに、一緒に生きています。

 

今日少し聞こえた私たちの「声」がどうか「多様な性」を考えるきっかけになりますように。

 

今日は○時まで「多様な性」に関する路上アクションを行っています。ぜひ立ち止まって私たちのメッセージを聞いてもらえたらうれしいです。

 

そして、いつかセクシュアルマイノリティであってもなくても、

障がいがあってもなくても、

在日でもそうでなくても、

外国ルーツでもそうでなくても、

部落出身でもそうでなくても、

なにかのマイノリティであってもそうでなくても、

みんなで手を取り合って進んでいける社会になりますように。

 

2017.5.23更新